性病の潜伏期間

green capsules

症状に合わせて、睡眠薬の種類で使い分けをしましょう。タイプは、長短時間、短時間、中間、長時間というように分かれています。

避妊のためにアフターピルを飲んでも生理が来なかった場合は妊娠している可能性があります。ピルの使用時には注意事項等を守って正しく服用しましょう。

オトナの男女を苦しめる性病。特に性器に痛みを伴ったり、性器周辺の見た目が著しく悪くなってしまったりする病気が多いので厄介です。
たとえばクラミジアという性病は、男性の尿道に排尿時の痛みを与えます。その痛みは身もだえしたくなるようなほどで、屈強な男性でも泣きたくなるような激しい痛みであるとされています。
一方、トリコモナスという性病は女性の性器に症状を与えます。痛みよりも顕著なのはその見た目の特徴です。性器自体はきれいなままですが、中から毒々しい色をしたおりものが大量に出てくるのです。しかも非常に強い臭いを持っており、人前に出るのが恐ろしくなってしまうようなレベルです。

このような性病ですが、現在は治療をすることが可能で、クラミジアの痛みもトリコモナスのひどい見た目、臭いも解消することができます。
ただし、治療したあとでまたクラミジアやトリコモナスを持っている人と性交渉を行うと、また感染してしまう可能性があります。初めてかかったときには、「潜伏期間」から逆算して誰から感染したのかきちんと把握する必要があります。潜伏期間とは、クラミジアやトリコモナスといった性病のもとになる細菌や原虫が身体のなかに入り込んでから病気を発症するまでの時期です。細菌や原虫は、体内に入ってすぐは行動を起こしません。潜伏期間を過ごしてから行動を開始し、病状を起こします。
クラミジア菌の潜伏期間は3~7日間。トリコモナスの原虫の潜伏期間は10日間前後となっています。尿道の痛みやおりものの大量発生から逆に数えていって、いつの性交渉で感染したのかチェックしましょう。それがもし、頻繁に性交渉を持つパートナーであるなら、きちんと性病のことを知らせ、一緒に治していきましょう。

性欲がわかずに困っているという男性や女性におすすめなのが、オキシトシンスプレーです。今まで打ち明けられなかった悩みも、これで一挙解決しましょう。