眠れない夜のために

a can drug

性に関する病気や薬について知ることも大事ですが、心の病気や薬について知ることも大事です。
たとえば今、深刻な病といえるほどきついものではないものの苦しいことには違いない「不眠症」などが流行っています。これがうつ病を伴う不眠症だったりすると厄介で、病院で適切な治療を受けなければいけませんが、うつ状態ではないけれど不眠症で、このまま続けばうつ病になってしまうかもしれない、という種類の不眠症であれば、睡眠薬を通販で購入して治すことができます。
ただし、通販サイトでは睡眠薬がずらりと列挙されていますが、どれをのんでもいいというわけではありません。不眠症にはいくつかの種類があり、自分の不眠症に合った睡眠薬を選んでのまなければいけないのです。

たとえば、不眠症には入眠障害や早朝覚醒といった種類があります。字面は難しそうですが違いは明確です。
入眠障害とは、眠りに入るときに障害が出ること、つまり「なかなか寝付けない」という状態になる不眠症です。一方、早朝覚醒というのは眠りが長続きせず、深夜から早朝までの時間に目が覚めてしまうという種類の不眠症です。完全に眠れないまま夜を過ごす、というわけではありませんがやはり寝付けなかったり朝早く起きてしまったりするのは気持ちのいいものではありません。
簡単に言えば、なかなか寝付けないタイプの不眠症に合っているのは、「短時間作用型」であり、早朝覚醒に合っているのは「長時間作用型」です。通販を利用するときは自分に合っている方を選び、注文しましょう。